【楽天市場】ラ・グラン・リュ グラン・クリュ モノポール [2007] (フランソワ・ラマルシュ) La Grande Rue Grand Cru Monopole [2007] (Francois Lamarche) 【赤 ワイン】:Donguriano Wine - 21a3a

2020-01-09
カテゴリトップ>タイプ>
ラ・グラン・リュ グラン・クリュ モノポール [2007] (フランソワ・ラマルシュ)
La Grande Rue Grand Cru Monopole [2007] (Francois Lamarche) 【赤 ワイン】
Domaine Francois Lamarche ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ - qashrinachalet.com

透明感溢れるナチュラル系ヴォーヌ・ロマネ!18世紀から続くヴォーヌ・ロマネの名門「ラマルシュ家」!

ラマルシュ家の歴史は1740年頃にまで遡るというまさにヴォーヌ・ロマネの名門。その後19世紀の終わりごろから徐々に所有する畑を拡充、20世紀の初めに樽職人であったアンリ・ラマルシュ氏とシャンボル・ミュジニー出身のマリー・グリヴレ氏が結婚し、今日のドメーヌが設立されました。当時既にワインはドメーヌ元詰で販売されていたといいます。 そして彼らの息子であるアンリ・ラマルシュ氏(同じくアンリと名付けられた)の代になってかの有名な畑「ラ・グランド・リュ」を1933年から所有するようになります。その後1985年に現在のドメーヌ名にもなっているフランソワ・ラマルシュ氏がドメーヌを相続。ラ・ターシュとロマネ・コンティという偉大な特級畑に挟まれながらも一級畑だったラ・グランド・リュを特級畑にするべく尽力。遂に1992年に正式に特級畑へと昇格を果たしました。 その後21世紀に入りドメーヌでは世代交代が進んでいます。2003年にフランソワ氏の娘ニコル・ラマルシュ氏がドメーヌに参画。有機栽培に取り組み、現在ではビオディナミ農法を実践、栽培から醸造までを担当しています。2013年に不慮の事故によりフランソワ氏が他界するという悲しみを乗り越え、ドメーヌは進化を続けているのです。

 フランソワ・マルシュが単独で所有している「ラ・グランド・リュ」は、古代ローマの時代からブドウの栽培が行われていたという記録が残っているほど、ブドウの育成に最適な地域でした。1450年に初めて、この地域の小さな畑を合わせた約1ヘクターほどの区域が記録に登場し、幾人もの所有者が変わったあと、1933年にラマルシェ家のアンリが、このラ・グランド・リュ区域全体を購入します。 東西に約300メートル、南北に約50メートルの細長い形をした1.7ヘクタールのラ・グランド・リュは、実際、ロマネ・コンティに直接隣合わせた土地です。ロマネ・コンティの土地からバランスの取れた優れたワインが造りだされるのと、全く同じ条件を兼ね備えています。 この「神に愛された土地」ヴォーヌ・ロマネ村は、コード・ニュイ地区のちょうど真ん中に位置しています。村全体がすべて東南向きの斜面に位置しているため、くまなく太陽の恵みを存分に受けることができます。標高も平均して234メートルと、ブドウにとって暑すぎず寒すぎずというちょうど良い具合です。 村の土壌は石灰質と粘土質がちょうどよい配合なため、この村からは力強さとエレガンさを併せ持った素晴らしいワインができるのです。

ラマルシュ家が単独所有する、ラ・ターシュとロマネ・コンティの間に位置する特級畑。AOC成立時には1級畑だったが、92年に特級昇格が認められ、91年ヴィンテージから特級となっている。その最高のテロワールから、ラ・ターシュやロマネ・コンティと同格の、勇壮で荘厳なワインが生み出される。力強いストラクチャーと類稀な長熟タイプであることのほかに、この偉大なワインはトリュフ、森の下草、なめし革、毛皮などの力強い第三のアロマを広げる。当然のことながら味の強い肉、ジビエ(蒸し煮、ソースまたはシンプルに網焼き)がよきパートナーとなる。また仔牛のローストやうずらのたたき湯葉巻きも、すばらしい ピノノワールのしっかりしたエレガントなタンニンにくるまれる。

フランソワ・ラマルシュ


■Information
●生産国フランス
●地域ブルゴーニュ地方 / コート・ド・ニュイ地区 / ヴォーヌ・ロマネ村 / ラ・グランド・リュ LA GRANDE RUE : 1.65 ha
●ブドウ品種ピノ・ノワール 100%
●タイプ赤・フルボディ・辛口
●醸造・熟成 
●内容量750ml
●オーガニック等の情報 
●コンクール入賞歴 
●ワイン専門誌評価  
●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。
●備考【*ご注文の前にご確認ください*】
●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。
●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。
●注文個数によりお届け日が変わることがあります。
●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。
●輸入元モトックス 


 【ワイン通販】【通販ワイン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】

Domaine Francois Lamarche ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ - qashrinachalet.com

Domaine Francois Lamarche / ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ

Domaine Francois Lamarche ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ

世界最高峰!のワインである【ロマネ・コンティ】と【ラ・ターシュ】の間にあるモノポール畑“ラ・グランド・リュ”の所有で知られる【ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ】です!ゴーミヨ誌2011年版で5つ星★★★★★生産者なんです!ワインスペクテーター誌も大注目のドメーヌです!

 ブルゴーニュ最高峰の畑といえば誰もがロマネ・コンティを想像するのではないでしょうか。 この【ロマネ・コンティ】と【ラ・ターシュ】に挟まれた稀有で最良の畑を単独で所有しているのがこの【ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ】です。1936年、INAOがブルゴーニュの格付けを制定した時、この【グランド・リュ】は最良の立地条件を兼ね備えているにも関わらず一級に格付けされてしまいました。 この格付けを覆すことは並大抵のことではないのです。 1980年代になり、現当主フランソワの申請を受けてINAOは、このグランド・リュの畑の再査定をはじめました。 土壌分析、隣接する特級ワインとの比較試飲、近隣生産者との面談などを経て1992年、念願の特級グランド・クリュへと返り咲いたのです。
原産地呼称が制定されて以降、ブルゴーニュにおいて一級から特級への昇格を果たしたのはモレ・サン・ドニのクロ・ド・ランブレイとこのグランド・リュだけです。立地もさることながらフランソワ・ラマルシュの品質への努力が報われたと言えるのではないのでしょうか。

 ラマルシュ家のルーツは1740年のヴォーヌ・ロマネ村にあります。 そして19世紀の後半から規模を拡大していきました。20世紀の初めに設立され、この当時から自社元詰めもすでに行っていました。 そしてアンリ・ラマルシュが当主になり、偉大なグランド・リュを引き継いだのです。 この当時、グランド・リュは一級格付けでしたが、1992年に特級へと昇格を果たしました。 現在は1983年に現当主となった【フランソワ・ラマルシュ】に引き継がれました。 今日では2世代にわたるラマルシュ家がドメーヌで活躍しています。 フランソワの妹、ジュヌヴィエーヴが経理を担当し、ジュヌヴィエーヴの娘、ナタリーは母とともにセールスを担当しています。 また、栽培から醸造はフランソワの娘であるニコル・ラマルシュが指揮をとっています。

栽培・醸造について
 葡萄はすべて手摘みで選別されながら収穫され、即座に運搬されます。 さらにワイナリーで酸化が進んだブドウを取り除くための徹底的な選果が行われます。 まず始めに振動式の選果ベルトコンエアーで、乾燥して干からびてしまった葡萄や不純物、葉などを取り除きます。 続いて第2の振動式選果台で、熟練したスタッフが確認しながら最終的に最良の葡萄だけを選びぬくのです。 葡萄は基本的には除梗し、破砕は行わず、温度管理されたステンレスもしくは木製の開放槽に入れられます。 極力、補糖は施しません。 低温浸漬とアルコール発酵(ヴィンテージによって異なります)を経た後にフレンチオークで熟成させます。 新樽はヴィンテージとアペラシオンの特徴によって60〜100%の割合で使用されます。 そして清澄、ろ過は一切施さずに、14〜20か月間樽熟成させてから瓶詰めします。
価格
68,575円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜3営業日以内に発送(土日祝日除く)
残りあと1個です。
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く